トップメニュー トップ 会社案内 薬局紹介 リクルート リンク コトブキメディカル お問合せ サイトマップ IT活用 お薬在庫共有 医療ゾーン 医療・介護ネットワーク

レセコン導入

レセコン

寿メディカルでは、開設当初からレセコン(レセプトコンピュータ)を導入しておりました。

現在では、全店舗に薬局業務に特化しているP-CUBE(株式会社ユニケソフトウェアリサーチ)を設置しています。下の画像は、P-GATEで処方せん受付時に処方内容を入力しているところです。

2次元バーコードも読み取り可能です。操作方法がわかりやすく簡単なので、未経験の従業員でもすぐに入力できるようになります。

処方入力のほかにも、患者検索、薬袋編集、薬品の在庫管理など、薬局の事務処理全般に使用しています。

P-GATE

レセコン⇔会計連携

店舗間の移動時に発生した入出金などの情報を、レセコンと財務管理で連携しています。


レセコン⇔OTC・一般レジスター連携

OTC・一般医薬品など、処方せんのいらないお薬を入庫・販売した際に、レセコンに在庫の増減を入力できます。その後、入出金などの情報を、レセコンと財務管理で連携しています。

電子薬歴

電子薬歴

今まで、薬歴は紙ベースで作成していましたが、電子薬歴はパソコンで患者様の処方内容、服薬指導を記録、管理することができます。

また、P-POS(株式会社ユニケソフトウェアリサーチ)ではお薬の基本情報、相互作用、副作用などが薬歴情報と連動しているので、患者様と薬品の禁忌をチェックできます。

電子薬歴導入後は、業務の効率アップと、患者様へのサービスを充実することができました。

P-POS

薬局間情報交換機能

グループウェア

寿メディカルでは、薬局間の情報交換にグループウェアを使用しています。

調剤技術情報の交流やトラブル内容の共有・予防・対応の一元化などを主に行っています。

その他にも、掲示板機能や社内ブログの活用で社内コミュニケーションの活性化にも努めています。

社員全員が情報を共有することで業務効率やサービスレベルを向上させることができます。

寿メディカルではこのグループウェアを『シナプス(Synapse)』と命名し、使用しています。

シナプス

バーコード活用

薬品入庫入力(JANコード)

薬品入庫時は、伝票を見て手入力でパソコンに入力していましたが、JANコードを読み込むだけで、薬品名や数量を登録できるようにしました。

導入後の棚卸では差異が軽減しました。

JANコード

処方せん入力(2次元バーコード)

医療機関と連携して、2次元バーコードを利用した処方せんデータのやりとりを実施しています。

読み取ると、患者情報・処方内容など、処方せんに掲載されている情報(ほぼ100%の情報)が薬局のレセコンに反映されます。

2次元バーコード読み取りを導入してから、手入力に比べて処方内容の登録精度が大幅にアップしました。

二次元バーコード

タブレット端末活用

Android端末

IT化された事務処理を、パソコンだけでなく携帯性の高いタブレット端末で行っています。

薬品の在庫を実際に見ながら、タブレット端末で操作できるので、複数の医薬品移動時などに便利です。

タブレット端末

薬品検索

医薬品情報DBマネージャー(P-DIM)

数ある医薬品のあらゆる情報をデータベース化されているソフトです。

お薬の基本情報、相互作用、副作用、患者様と薬品の禁忌をチェックなどがデータ化され、薬剤師の業務支援としても活用されています。


薬品検索 ・後発品対比

薬品検索や後発品との対比をすることができます。

患者様よりジェネリックへの変更の希望があるときは素早く後発品を調べることができます。

また、先発品と後発品の比較表を表示し、患者様へ薬価差額の情報を提供することができます。

薬品検索・後発品対比

添付文書連動

検索した医薬品の添付文書を閲覧することができます。

添付文書連動

勤怠管理

勤怠管理

人事・給与システムと連携するシステムを導入しています。

現在、電子化したシフトの作成を開発中です。電子化することにより、従業員の複数店舗での重複や、あいている従業員が一目でわかるようになります。