トップメニュー トップ 会社案内 薬局紹介 リクルート リンク コトブキメディカル お問合せ サイトマップ IT活用 お薬在庫共有 医療ゾーン 医療・介護ネットワーク

おくすりナビ

くすりとは

くすりとは

  • 薬という字は「草を楽しむ」と書きます
  • 薬は、当初、草木や鉱物が中心だったそれを自然発生的に、人類が病気の治療に呪術とともに用いました
  • 現在は、科学的に合成されたものが中心、薬の種類は、健康保険で使用されるものだけでも2万5千品目以上あります
  • 日本は、世界一の長寿国になったが、抗生物質の発見など薬が果たした役割は大きいものです
  • 薬は、長い歴史をとおして多くの生命を助けてきた功労者です
  • 薬には、「主作用」と「副作用」があります。適正に使用すれば期待される効果が得られるし、誤った使用では思わぬ副作用が現れます
  • 「用法・用量」を守り、いつもと違った事があれば、「主治医または薬剤師」に連絡しましょう
  • このような、簡単なことを守るだけで、薬と随分楽しい付き合いができます
私たちの健康の支えとなるのが「薬」です。薬剤師に気軽に相談し、納得した上で正しく薬を服用して下さい

くすりの歴史

大昔の話

紀元前3千年ころに初めて薬の記載があります。お呪りとともに施薬されてこそ効果がありと思われていたようですが、五百種以上の薬は、現在も服用されています。

例えば、阿片(鎮痛剤)、センナ(便秘薬)、桂皮(漢方処方)、甘草(漢方処方)などが処方されていたようです。(メソポタミアの医学)

変わったところでは、動物の糞などのまともに服用できないような薬もありこれが病邪を追い出すと考えられていました。

ヒポクラテスと薬

医聖と呼ばれるアテネのヒポクラテス(紀元前460~370年)は、病気が病魔の仕業ではなく身体に自然に備わるバランスが破定したため起きるものと考え、約400種類の薬を駆使し、(主に、下剤、浣腸、吐剤、利尿剤が用いられた)体を自然状態に戻すことを目的に施薬しました。

錬金術と薬

錬金術は、あらゆる金属を金に変えることと、不老不死薬の発見を目的にしていました。このために、科学技術が急速に発展したのです。科学実験に必要な用具が多く発明された。(7~8世紀)

医薬分業

ほとんどの国で採用されている医薬分業は、近年、日本でも急速に進展していますが、歴史上、初めて採用されたのは、1240年です。皇帝フリードリッヒ2世が薬事法を制定し、医薬分業を推し進めたのです。免許を与えられた薬剤師と医師とが金銭的に結びつくことも禁止されました。

科学的な薬

今までは、植物を煎じたり、粉にしたりして薬として利用していたのですが、19世紀に入って、ドイツの薬剤師ゼルテュルナーが、阿片から有効成分のモルヒネを単離し、純粋な結晶を得ました。このあたりから西洋薬は、生薬処方から「有効成分抽出」という近代化学へと進み始めたのです。その後、ストリキニーネ、キニーネ、コルヒチン、カフェイン、ニコチン、コデイン、アトロピン、コカインなどが次々と発見されました。

アスピリンの合成

古代ギリシャの時代からヤナギの樹皮が痛み止めとして用いられたが、その有効成分が、サリチル酸であることがわかり、胃腸障害を軽減すべく合成された薬が、アスピリンです。1899年には、このように全く合成で薬が作られるようになったのです。

抗生物質の発見

ペニシリンの発見には、絶え間ない研究と偶然が必要でした。ブドウ球菌を培養中のシャーレの中に偶然入り込んだカビが、この病原菌を溶かしてしまったのです。これを見逃さなかったのが、発見者のフレミングの立派なところであり、失敗が世紀の発見につながったことは教訓にすべきでしょう。ただ残念なことに当時のフレミングの研究室には。免疫療法至上主義が大勢を占めていた為、このペニシリンは、10年後に初めて患者に使われることになったのです。

結び

薬には長い歴史があります。多くの先達が血のにじむような努力の結晶が、薬として多くの命を救ってきました。今後もより有効で副作用の少ない薬の開発を目指して研究が進められるでしょう。しかし、耐性菌の問題や副作用、相互作用など薬に関する問題も新たにうまれています。

くすりの上手な飲み方

くすりの上手な飲み方

食前・食間・食後の区別は、薬の効き目をより良く発揮させると同時に、副作用を避ける意味もあり、一つの原則として守るようにしましょう。

食前とは、食事をとる30分前をいいます。

食欲増進剤や漢方薬、吐気を抑えるくすりは、空腹時に飲むと効果が高いとされています。

食間とは、食後2時間位が目安です。

これも空腹時となります。消化性潰瘍治療剤がこの時間帯に飲む薬の代表格です。

食後とは、食事をとった後30分以内が目安です。

市販薬、処方薬を問わず、多くの薬がこの飲み方を指示されています。

 

食後に飲む薬が多いのは、食べ物が胃に残っている為に薬で胃を荒らさなくてすむためです。きちんとした食事を取れない時は、クラッカー1枚、牛乳1本など、なにか少しでも胃に入っていれば、薬による胃への負担は軽くできます。他にも、食事を目安にすれば飲み忘れがなくなるためなどがあげられます。

くすりの作用と副作用

くすりの作用と副作用

複数の薬を使用したときに、薬の組み合わせによっては、体内で必要以上に効果を強めたり、反対に、それぞれの効果を打ち消したりしてしまうことがあります。あるいは、全く思いもよらない副作用が出て、ときには大変な危険が生じたりすることがあります。これを薬の相互作用といいます。

ソリブジン(帯状疱疹の薬)とフルオロウラシル系薬剤(抗がん剤)の併用で死亡例が出たことが、新聞でも大きく取り上げられましたが、これも相互作用の一例です。その他にも、アスピリンと経口糖尿病薬を一緒に飲むと糖尿病薬の作用が強まり、低血糖になる恐れがあります。またニューキノロンという抗菌剤とある種の消炎剤を一緒に飲むと、痙攣が起こることなど、多くの相互作用がわかってきました。

特に、高齢者では、相互作用による副作用の発現頻度が高く、しかも、重篤なものが多いとされています。

くすりは原則として一種類だけを服用することが望ましいのですが、様々な病気を治療するためには、どうしても二種類以上の薬を飲む「薬の飲みあわせ」が必要になります。

現在は、薬が許可されるときに、相互作用、副作用を十分調査し、「使用上の注意」として医師、薬剤師に知らされています。ですから一人の医師から多くの薬をもらっても、それは副作用や悪い相互作用を起こさないように処方してくれていますから心配ありません。
しかし、同時に二つ以上の診療科や病院にかかり、数種類の薬を飲む場合は注意が必要です。薬の飲みあわせによっては思わぬ相互作用、副作用が生じることがあります。

たとえば、皮膚科の飲み薬(かゆみ止めの薬)と内科の胃薬は、一見お互いに無関係のようですが、飲み薬である以上、薬は身体の中にめぐり様々な作用をする訳ですから、相互作用の可能性はあります。

そこで、複数の診療科、病院を受診される時は、あらかじめ医師に自分の飲んでいる薬を伝えることが必要です。
また薬局で薬を買う場合も自分の現在飲んでいる薬を薬剤師に伝え、薬剤師の注意をよく聞いてください。そして、薬を服用する際には、「指示書」「使用上の注意」をよく読んでから使うことが大切です。

ただ、全ての薬に相互作用が生じわけではなく、また、相互作用の起こり方にも個人差があり、誰でも絶対に起こるというものでもありません。

しかし、複数の薬剤を服用する場合は、相互作用の起こる可能性があることを忘れないでください。そして、素人の判断で勝手に二種類以上の薬を混ぜて飲むのは絶対に避けてください。

薬の相互作用を避けるためには、自分自身がある程度の薬に対する知識を持つことや自分で使用している薬の状況などを医師や薬剤師によく相談することが大切です。

くすりの相互作用

くすりの相互作用

複数の薬を使用したときに、薬の組み合わせによっては、体内で必要以上に効果を強めたり、反対に、それぞれの効果を打ち消したりしてしまうことがあります。あるいは、全く思いもよらない副作用が出て、ときには大変な危険が生じたりすることがあります。これを薬の相互作用といいます。

ソリブジン(帯状疱疹の薬)とフルオロウラシル系薬剤(抗がん剤)の併用で死亡例が出たことが、新聞でも大きく取り上げられましたが、これも相互作用の一例です。その他にも、アスピリンと経口糖尿病薬を一緒に飲むと糖尿病薬の作用が強まり、低血糖になる恐れがあります。またニューキノロンという抗菌剤とある種の消炎剤を一緒に飲むと、痙攣が起こることなど、多くの相互作用がわかってきました。

特に、高齢者では、相互作用による副作用の発現頻度が高く、しかも、重篤なものが多いとされています。

くすりは原則として一種類だけを服用することが望ましいのですが、様々な病気を治療するためには、どうしても二種類以上の薬を飲む「薬の飲みあわせ」が必要になります。

現在は、薬が許可されるときに、相互作用、副作用を十分調査し、「使用上の注意」として医師、薬剤師に知らされています。ですから一人の医師から多くの薬をもらっても、それは副作用や悪い相互作用を起こさないように処方してくれていますから心配ありません。しかし、同時に二つ以上の診療科や病院にかかり、数種類の薬を飲む場合は注意が必要です。薬の飲みあわせによっては思わぬ相互作用、副作用が生じることがあります。たとえば、皮膚科の飲み薬(かゆみ止めの薬)と内科の胃薬は、一見お互いに無関係のようですが、飲み薬である以上、薬は身体の中にめぐり様々な作用をする訳ですから、相互作用の可能性はあります。

そこで、複数の診療科、病院を受診される時は、あらかじめ医師に自分の飲んでいる薬を伝えることが必要です。また薬局で薬を買う場合も自分の現在飲んでいる薬を薬剤師に伝え、薬剤師の注意をよく聞いてください。そして、薬を服用する際には、「指示書」「使用上の注意」をよく読んでから使うことが大切です。

ただ、全ての薬に相互作用が生じわけではなく、また、相互作用の起こり方にも個人差があり、誰でも絶対に起こるというものでもありません。

しかし、複数の薬剤を服用する場合は、相互作用の起こる可能性があることを忘れないでください。そして、素人の判断で勝手に二種類以上の薬を混ぜて飲むのは絶対に避けてください。

薬の相互作用を避けるためには、自分自身がある程度の薬に対する知識を持つことや自分で使用している薬の状況などを医師や薬剤師によく相談することが大切です。

その他のおくすりの情報は下記サイトにも掲載しています。

姫路薬剤師会 おくすりQ&A