トップメニュー トップ 会社案内 薬局紹介 リクルート リンク コトブキメディカル お問合せ サイトマップ IT活用 お薬在庫共有 医療ゾーン 医療・介護ネットワーク

おくすり手帳

おくすり手帳とは

病院に行き、医師に 「併用されているお薬はありますか?」 と質問され、「血圧の薬で・・・・白くて小さい錠剤なんです。」といわれても、たくさんの種類があるので、申し訳ないのですが私たちには分からないことが多いです。

薬局に行くと、薬の説明書などをもらうと思います。これもとっておいてもいいのですが、薬が変わったりしたとき、今までのお薬を見ようと思っても、ファイルにしていないとバラバラになったり、なくしてしまってわからない事があります。

こんなときに、お薬手帳を活用ください。今まで飲んだお薬の履歴と、これからの薬の履歴を1冊のノートとして綴るものです。

この「お薬手帳」 とは安全にお薬を服用していただくために、処方されたお薬の名前や飲む量、回数などに記録を残すための手帳です。 この記録があることで医師、歯科医師、薬剤師にどのようなお薬をどのくらいの期間を使っているのかを知らせることができます。

また、他の病院や薬局などでお薬をもらうときにも、このお薬手帳を見せることで同じ薬が重なって出ていないか、あるいは飲み合わせなどについても確認してもらうことができます。

お薬手帳は、診察券や健康保険証と一緒に保管し、病院、診療所、歯科医院、薬局へ行かれるときには、忘れずに持っていくようにしましょう。